35歳の転職者必見!キャリアアップ情報NAVI

*

人生を決める35歳からの転職!成功の秘訣とは

<35歳は転職の限界ではない>

 数年前まで「35歳転職限界説」という言葉が頻繁に使われていました。これは35歳を過ぎると求人数は極端に少なくなり、転職が難しくなるという意味です。しかし近年、転職した人の平均年齢は年々上昇しており、35歳を過ぎて転職に成功した人も増えていて、「35歳転職限界説」は崩壊しつつあると言われています。とはいえ、35歳を過ぎてからの転職は依然として簡単と言うわけではありません。いかに良い企業に就職するかで、今後の人生が大きく変わります。

 また、良い条件での転職ができるのは30代が最後のチャンスと言えます。家庭を持っていて住宅ローンや子供の教育費など、経済面での心配がある人も多いでしょう。何のための転職なのか、どうしても転職がしたいのか、もう一度よく考えてしっかりと下準備をしてから臨むことが大切です。

<他の年代にはない35歳の強み>

 35歳を過ぎた年齢の人には、20代・30代前半の人にはない強みがあります。社会に出て10年以上経っている人が多く、実務経験の他にビジネスマナー、交渉力、コミュニケーション能力、トラブルの対処法など社会人として必要な能力が身についています。また、35歳以上だとマネージャーやチームリーダーの経験がある人も多いでしょう。リーダーを経験することよにって、判断力や決断力が身につきます。チームリーダーの経験がなくても、後輩を指導・育成した経験はあるはずです。これらの経験は言葉で教えるだけで身につくものではなく、自分で経験をし何度も失敗をしながら身についていくものです。

 また、30代半ばという年齢は気力・体力共に一番充実している年齢です。20代にはポテンシャル以外に強みになるところがありませんが、様々な経験をしている35歳という年齢にはアピールできるところが豊富にあります。経験やスキルだけでなく、携わったプロジェクトの経験などを上手にアピールできれば、35歳からの転職にもチャンスは十分にあります。

<企業が求める中堅層とは>

 企業が求める人物像とは、積極性・協調性・行動力・コミュニケーション力など、人間性に関わるものを重視しますが、35歳以上の年齢には、この他に経験・スキル・リーダーシップ力が加わります。現代社会では世の中の変化のスピードが早く、例えば新商品や新サービスの開発などでも短期間でまとめ上げなければなりません。そのためには短期間で即戦力となる人材が必要です。高い専門スキルを持った35歳前後の年代は企業にとっては貴重な存在なのです。

 近年、新卒者がなかなか就職できない背景には、企業が即戦力となる人材を求めているからです。新人を育てるには莫大な時間とコストがかかりますが、能力が身についている中堅層は有利と言えます。経験が豊富な35以上の人材を求めている企業は確実にあります。しかしそれなりの期待も大きいため、自分がアピールできるところを明確にしておく必要があります。

<就職サイトの利用で差をつける>

 求人情報を収集するには、ハローワーク、就職情報誌、新聞、折り込みチラシなどがありますが、絶対に利用したほうが良い媒体は転職サイト、人材紹介会社(転職エージェント)です。ハローワークは企業が無料で求人情報を公開できるのに対し、転職サイト、エージェントは有料なため、掲載している企業はより良い人材を確保するのに積極的と言えます。そのため求人の質も良いのです。また、転職エージェントが求職者に企業を紹介して採用が決まると利益を得られるため、ハローワークよりも積極的に転職に関して動いてくれます。

 転職サイトを利用するメリットは求人情報が豊富ということもありますが、欠かせないのはスカウト機能の利用です。35歳以上になると高いスキルを持っている人が多く、匿名で経歴や資格、スキルを公開しておくと、企業側の求める人材とマッチした時に企業のほうからオファーがくることがあります。思いもよらない企業からオファーが来ることがあり、転職活動の幅も広がります。また転職エージェントに登録すると、専任のキャリアコンサルタントが様々なサポートをしてくれます。プロの目から自分のセールスポイントや適正を分析してくれて、適した企業を紹介してくれるため、自分ではわからなかった強みを知ることもできます。また、面接日のスケジュールを組んでくれたり、給与面や勤務形態の交渉を行ってくれるなど、転職活動をスムーズに進めることができます。非公開求人を豊富に持ち合わせており、登録している人しか応募できないので競争率も低くなるメリットもあります。

<転職サイト利用者の声>

 多くの人が転職サイトを利用して転職に成功しています。成功例を見てみましょう。

(事例1)
最初は自分で企業を探し応募していましたが、書類選考で落とされることがほとんどでした。人材紹介会社に登録して履歴書・職務経歴書の添削を行ってもらてから飛躍的に通過率が上がりました。面接の指導も受け、最終的にその中の1社から内定をいただくことができ、転職先での勤務形態にも満足しており、利用して良かったです。

★成功のポイント
1人での転職活動に限界を感じる時がありますが、プロのサポートを受けることで転職のノウハウを学ぶことができ、自信にもなったことが成功のポイントと言えるでしょう。

(事例2)
転職サイトを利用して、職務経歴やスキルなどプロフィールを公開してこまめに更新をかけていたところ、想像以上にスカウトメールが届きました。中には思ってもいなかった分野の企業からのスカウトもあり、転職先を探すのに視野が広がりました。

★成功のポイント
こまめにプロフィールの更新をかけることで企業の目にもとまりやすくなります。自分で探すだけでは偏った企業を選びがちですが、スカウトを利用することによって幅広い企業に目を向けることができたことが成功につながったのでしょう。

<おわりに>

 35歳からの転職は厳しい面もありますが、他の年代にはない強みがあり、それをうまくアピールすることによって希望する企業に転職できる可能性が十分あります。これからの人生を大きく左右することになる転職です。納得がいく企業を探し、後悔のないように準備を重ねて転職活動に臨んでください。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
・転職成功ノウハウが満載
・会員登録者は406万人以上
・スカウト機能あり

公開日:
最終更新日:2015/03/23