35歳の転職者必見!キャリアアップ情報NAVI

*

勤務先に退社の理由をどう伝えるか

   

円満退職できるように配慮する

 35歳の社員は、企業にとって中堅で、あげる実績やゆくゆくは管理職として会社を盛り立てる人材になりうることから、いざ退職するとなると、受けるダメージが大きくなります。特に勤務エリアが変わらず、同じ業界や職種で転職する場合、退職する会社とどこで接点を持つかわかりません。

 退職トラブルを起こすと、未来の自分の足を引っ張る事態になりかねませんので、円満退職できるように、きちんと段取りをすることが大切です。そのためにも、上司や会社に伝える退社の理由については、十分に配慮してください。

本音と建前を使い分ける

 35歳のあなたが転職を決意する背景には、現職への不満が隠れているはずです。ですが、それをストレートに口に出すと、その会社に残る上司や、お世話になった経営陣と、感情的なしこりを残すことになります。

 キャリアチェンジの場合は、「本当にやりたい仕事が見つかったので、年齢と今後のキャリアを考えて、挑戦してみたい」と伝えるのもよいですが、キャリアアップ転職の場合は「一身上の都合で」「家庭の事情で」など、当たり障りのない理由を伝えておく方が無難です。

 もし、突っ込まれても、「プライベートなことなので、すみません」で、押し通しましょう。

【関連記事】
退社に伴う手続き
35歳の途中入社の注意点

 - 退職・入社

  関連記事

35歳の途中入社の注意点

キャリア採用だからこそ注意したいこと  35歳が新興企業やベンチャー企業に転職す …

退職に伴う手続き

退職に伴う手続き  退職日の事務手続きは、必要な書類をもらって、会社の備品等を返 …