35歳の転職者必見!キャリアアップ情報NAVI

*

応募書類を送る時の注意点

   

書類の送付方法には人間性がにじみでる

 35歳で転職活動をする場合、同時に複数の企業に応募することが多いはずです。履歴書や職務経歴書は、応募企業に合わせたカスタマイズが必要ですし、封筒の宛名書きにも神経を使うはずです。ですが、書類を応募するためのプロセスに、どれくらいの心配りをしたかを、受け取る企業の採用担当者は見抜きます。

 例えば、応募書類をたたんで封筒に入れてきたり、大判の封筒でもカラフルなものだったり、宛名書きの文字が雑だったり、ビジネス文書の定型文になっていない場合、その応募者が本気で入社したいとは考えていないと、判断されることもあるのです。

 応募書類は、面接の機会を与えてもらうために送るものなのですから、自分で自分の首をしめることがないよう、丁寧に準備しましょう。

添え状は必ず同封する

 ビジネス文書にカバーレターが必要なように、35歳が転職のために応募書類を送る際には、添え状をそえるのが基本です。同封した書類を列記するだけでなく、募集を知った背景や簡単な自己PR、面接の機会を与えてくれるようにお願いする一文を添えて、作成します。

 また、応募書類は透明なクリアファイルに入れ、専門職は仕事の成果物も添えて、送るようにしましょう。

【関連記事】
35歳が履歴書で見られるポイント
35歳が職務経歴書で見られるポイント

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

35歳が履歴書で見られるポイント

転職回数と志望動機は必ずチェックしている  35歳を中途採用するにあたっては、入 …

35歳が職務経歴書で見られるポイント

即戦力となるキャリアとスキルがあるかどうか  35歳の場合、自分の人件費を担保す …