35歳の転職者必見!キャリアアップ情報NAVI

*

転職活動は在職中?退職後?

   

望ましい35歳の転職活動とは

 35歳ともなると、転職活動を在職中に始めるのか、退職後に集中した方がよいのか、迷うひとも少なくないでしょう。35歳という年齢は、中途採用後に即戦力として成果をあげることだけでなく、将来の管理職候補として、組織運営を任せることも求められています。

 そのため、募集職種に関わるキャリアとスキル、実績だけでなく、マネジメントスキルを磨く経験があったかどうかも、重要なポイントになります。

 自分の市場価値を把握し、自分に付加価値をつけるためには、在職中の方が有利なのか、スキルや資格を習得するために、退職後に転職活動を始めるべきか、自分の希望に合わせて、考えてみることをおすすめします。 

在職中・退職後の転職活動

 在職中に転職活動するメリットは、経済的基盤があることで、応募する求人や内定後の諾否について、冷静に検討できる余地があることです。反面、転職活動に十分に時間が割きにくいというデメリットもあります。

 退職後に転職活動するメリットには、求人探しや企業研究、応募書類の作成、スキル・資格の習得に時間をかけることができることがあげられます。反面、前職の退職から時間がたつにつれて、書類選考が通過しにくくなることがデメリットになります。

【関連記事】
転職計画をどうたてるか
自分の市場価値を知る

 - 転職準備と進め方

  関連記事

転職計画をどうたてるか

35歳の転職活動計画  35歳で満足できる転職を果たしたいと思うなら、自分のキャ …

自分の市場価値を知る

自分の市場価値を知って活動する  35歳ともなれば、転職活動をスタートする前に、 …