35歳の転職者必見!キャリアアップ情報NAVI

*

転職計画をどうたてるか

   

35歳の転職活動計画

 35歳で満足できる転職を果たしたいと思うなら、自分のキャリアビジョンの達成に近づける企業かどうかをしっかり見極めることが不可欠です。

 40代・50代を対象とした求人も増えていますが、キャリアアップ転職ができるのは、本人に十分なキャリアと実績がある場合に限られます。

 年齢がアップすればするほど、自分の希望を通すのが難しくなるのですから、納得できる転職を果たすために、自分に付加価値をつけることも含めて、転職活動計画をたてる必要があります。35歳であれば、活動開始から3~6カ月以内に内定を得ることを目標に、計画をたてるひとが多いはずです。

在職中の場合は退職スケジュールも視野に入れる

 35歳の転職の場合、在職中に活動をスタートするひとも多いことでしょう。その場合、転職先が決まったからといって、自己都合ですぐに勤務先を退職できるかというと、常識的には不可能です。

 35歳ともなれば、企業の中堅社員としての責任がありますから、後任人事や引き継ぎを考慮して、退職日を設定することが前提です。

 現職を円満退職することが、その後の自分の人間関係や仕事にも大きく影響しますので、転職活動計画をたてる際には、退職スケジュールも考慮して、組み立てるようにしましょう。

【関連記事】
自分の市場価値を知る
転職活動は在職中?退職後?

 - 転職準備と進め方

  関連記事

転職活動は在職中?退職後?

望ましい35歳の転職活動とは  35歳ともなると、転職活動を在職中に始めるのか、 …

自分の市場価値を知る

自分の市場価値を知って活動する  35歳ともなれば、転職活動をスタートする前に、 …