35歳の転職者必見!キャリアアップ情報NAVI

*

面接で語るべき志望動機

   

企業ニーズにマッチする点をアピールする

 35歳ともなると、過去の仕事の実績に、個人の能力が如実に表れますから、自分が入社したいという意欲だけで、採用してもらうのは難しいという現実があります。履歴書に書く志望動機にも、過去の経験や持っているスキルが入社後にどう活かせると考えているのかを、自分の言葉で語れることが重要になります。

 そして、履歴書に書かれたことをくり返すのではなく、そこに書ききれなかった思いやエピソードを語って、足りない部分を補完するという意識が不可欠です。

自分のスタイルには固執し過ぎない

 35歳まで仕事で実績を残してきていれば、自分に自信もあるでしょうし、スタイルもでき上がっているかもしれません。ですが、受け入れる側の応募企業とあなたのスタイルが、必ずしもマッチングするとは限らないものです。

 企業は中途採用者が協調性を持ち、会社になじんで定着するかも見ています。だからこそ、志望動機の中で自分と企業のマッチするポイントを強調するだけでなく、新天地でいろいろなことを吸収しながら、より良い仕事や組織づくりに邁進していきたいことを、しっかり伝えておくべきです。

 柔軟性がないひとと思われないように、注意しましょう。

【関連記事】
35歳がすべき逆質問
面接対策で採否が決まる!

 - 面接

  関連記事

面接対策で採否が決まる!

第一印象をよくするために  35歳のあなたが応募している求人には、自分より年下も …

35歳がすべき逆質問

逆質問で自分をアピール  面接の終盤に必ずある逆質問は、35歳の応募者にとって、 …