35歳の転職者必見!キャリアアップ情報NAVI

*

面接対策で採否が決まる!

   

第一印象をよくするために

 35歳のあなたが応募している求人には、自分より年下も年上も応募していると考えておくべきです。20代の若者のポテンシャルや、40代以降のミドル世代のマネジメント経験と、戦うことになります。

 だからこそ、まず第一印象で好印象を与えて、きちんと質疑応答してくれる素地をつくることが大切です。面接にふさわしい色味を抑えたビジネススーツは、クリーニング仕立てのものが好ましいですし、髪型も清潔感が感じられるようにしておくべきです。

 また、立ち居振る舞いがキビキビとして、ハキハキと話すひとには、良い印象をもつことが多いです。そうした点で、まずライバルに差をつけられるように、しっかり準備しておきましょう。

本番前日の面接対策

 35歳の求職者の場合、一度に複数の企業に応募していることが多いはずです。希望の就職を果たすためには、応募企業ごとに志望動機や自己PRを変えて、書類作成するのが基本中の基本です。

 そのため、面接前日には、応募企業に提出した履歴書を職務経歴書を読み直し、面接でその内容を補完するエピソードの確認をしておくことをおすすめします。また、応募企業のホームページを再読し、逆質問の内容を精査しておきましょう。

【関連記事】
面接で語るべき志望動機
35歳がすべき逆質問

 - 面接

  関連記事

面接で語るべき志望動機

企業ニーズにマッチする点をアピールする  35歳ともなると、過去の仕事の実績に、 …

35歳がすべき逆質問

逆質問で自分をアピール  面接の終盤に必ずある逆質問は、35歳の応募者にとって、 …