35歳の転職者必見!キャリアアップ情報NAVI

*

35歳がすべき逆質問

   

逆質問で自分をアピール

 面接の終盤に必ずある逆質問は、35歳の応募者にとって、最後のアピールチャンスです。きちんと企業研究と自己分析を行い、入社後に自分が貢献できると思うポイントも含めて逆質問できるように、準備をしておく必要があります。

 「入社後に実務で与えられるミッションと必要なスキルについては理解できましたが、そのほかに担ってほしい社内の役割や、将来に向けて学んでおくべきスキルがありましたら、教えていただきたいです」など、働くことを前提としてどんな貢献ができるのかを質問すると、入社の意欲を伝えることにもつながります。

 質疑応答の中で、どんな話題が出るかわかりませんので、重複しない逆質問を複数用意して、面接に臨むことをおすすめします。

入社に値するかどうかもリサーチする

 35歳の求職者の場合、転職した後でミスマッチに気づいても、やり直しがしにくいという現実があります。

 短期間で転職活動をスタートすると、「見る目がないひと」というレッテルを貼られたり、自社に定着しないのではないかと疑われるなど、何かと苦労することになります。

 そうした事態を避けるためにも、入社に値する企業なのかどうかを、確かめる逆質問も用意しておきましょう。

【関連記事】
面接で語るべき志望動機
面接対策で採否が決まる!

 - 面接

  関連記事

面接で語るべき志望動機

企業ニーズにマッチする点をアピールする  35歳ともなると、過去の仕事の実績に、 …

面接対策で採否が決まる!

第一印象をよくするために  35歳のあなたが応募している求人には、自分より年下も …