35歳の転職者必見!キャリアアップ情報NAVI

*

35歳が履歴書で見られるポイント

   

転職回数と志望動機は必ずチェックしている

 35歳を中途採用するにあたっては、入社後に即戦力として成果をあげるだけでなく、将来は管理職として、組織運営でも力を発揮してくれることを期待するものです。そのため、入社後に定着してもらえると感じられるかどうかが、採否のポイントになります。

 応募者多数の場合、書類選考のうえで面接をする企業がほとんどですが、そのときにまず見るのが履歴書です。ここで、募集職種に対応する職歴があるかどうか、転職回数と在籍期間、志望動機の説得力が、必ず見られています。

 まず面接に進むためにも、この3つをいかに前向きなものに感じさせるかが、ポイントになります。転職回数や在籍期間を詐称することはできませんが、応募企業や募集職種に就くうえで、そうした経験がどう活きるのか、入社後にどんな貢献ができると考えているかを、志望動機にしっかり盛り込んで、書類選考通過を目指しましょう。

履歴書のフォーマットや写真もチェックされている!

 最近は手書きの履歴書ではなく、パソコンで作成されたものも増えているようです。項目が転職者用の履歴書と同様であれば、パソコン作成でも問題ありません。

 ですが、応募者個人の経歴を知るために送る履歴書で、書くべき項目が抜けていると、心証を悪くすることがあります。また、貼付した写真の表情が暗かったり、服装が応募にふさわしくないと、その時点で選考から落ちることもあるので、注意が必要です。

【関連記事】
35歳が職務経歴書で見られるポイント
応募書類を送る時の注意点

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

応募書類を送る時の注意点

書類の送付方法には人間性がにじみでる  35歳で転職活動をする場合、同時に複数の …

35歳が職務経歴書で見られるポイント

即戦力となるキャリアとスキルがあるかどうか  35歳の場合、自分の人件費を担保す …