35歳の転職者必見!キャリアアップ情報NAVI

*

35歳が職務経歴書で見られるポイント

   

即戦力となるキャリアとスキルがあるかどうか

 35歳の場合、自分の人件費を担保する成果を、入社後にすぐあげられるスキルとノウハウを持っているかどうかが、採否のポイントになります。それをジャッジする基準として、過去の勤務先の概要や所属部署、在籍期間、仕事内容、実績、得たスキルをしっかり書く必要があるのです。

 転職の書類選考においては、過去にどんな仕事についてきたのか、いま何ができるのか、今後どんなふうにキャリアを積んでいきたいのかが、わかりやすくまとまっている方が、通過の確率が高まります。

 自分のキャリアと実績、持っているスキルを効果的に伝えるためのフォーマット選びも重要です。「年代方式」「逆年代方式」「キャリア方式」のいずれが最適なのか、またレイアウトにどのような工夫をすればよいか、転職サイトの実例集などを参考に、研究してみましょう。

マネジメントスキルもアピールポイント

 35歳であれば、もう一つ意識してほしいことがあります。それは、マネジメントスキルを磨くことにつながる経験を、職務経歴書内に盛り込むことです。

 職位がなくても、後輩の指導やプロジェクトリーダーの経験があれば、それは必ず記載するようにしましょう。

【関連記事】
35歳が履歴書で見られるポイント
応募書類を送る時の注意点

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

応募書類を送る時の注意点

書類の送付方法には人間性がにじみでる  35歳で転職活動をする場合、同時に複数の …

35歳が履歴書で見られるポイント

転職回数と志望動機は必ずチェックしている  35歳を中途採用するにあたっては、入 …