35歳の転職者必見!キャリアアップ情報NAVI

*

35歳の途中入社の注意点

   

キャリア採用だからこそ注意したいこと

 35歳が新興企業やベンチャー企業に転職する場合、キャリア採用されたからには、即戦力として一日も早く成果を出したいと思うことでしょう。キャリアも実績もある転職者の場合、自分ですぐに行動を開始するかもしれません。

 ですが、企業ごとに仕事の進め方やルール、業務に関わるひとは異なります。まずは入社した会社のルールとシステムを理解し、仕事を進めるうえで協力してもらえるように、社内の人間関係を構築することが大切です。

 自分スタイルを貫くのではなく、謙虚に企業のやり方を吸収することに、主眼を置いてください。

冷静に社内を観察する

 転職先の社員にとって、35歳の中途採用者は、管理職の座を巡ってライバルになる可能性もありますし、自分より業績をあげることで、上司や経営陣に気に入られることも予想されるので、警戒心を持つひとも少なくありません。

 また、親しげに話しかけてくれたひとと親密にしていたことで、会社の派閥争いに巻き込まれることもあります。

 入社3カ月は、自分がどんなポジションで、誰と仕事をしていくことがキャリアアップにつながるのかを観察する期間と決め、社内で信頼関係を構築することに注力しましょう。

【関連記事】
勤務先に退社の理由をどう伝えるか
退社に伴う手続き

 - 退職・入社

  関連記事

退職に伴う手続き

退職に伴う手続き  退職日の事務手続きは、必要な書類をもらって、会社の備品等を返 …

勤務先に退社の理由をどう伝えるか

円満退職できるように配慮する  35歳の社員は、企業にとって中堅で、あげる実績や …