35歳の転職者必見!キャリアアップ情報NAVI

*

35歳で転職するための5つの流れ

 転職に丁度良い年齢があるとすれば、それは35歳です。転職するのであれば今がベストタイミングでしょう。さらに思い通りの転職活動を行いたいのであれば、良い流れで活動を行っていくことも求められます。その良い流れをポイントごとにまとめてみました。

就職・転職準備について

 転職活動の良い流れを作れる人は、準備の仕方に優れた人です。スケジュール作成、目的や目標の設定、自分、あるいは業界・企業の研究や動向調査と、転職準備はあらゆる要素で成り立っています。勢いのある流れを作るためにも、ひとつ漏らさず準備しておきましょう。

【参考記事】
転職計画をどうたてるか
自分の市場価値を知る
転職活動は在職中?退職後?

求人情報について

 情報を無駄無く、そしてくまなく集めるのは簡単ではありません。だからこそ転職者によって差がつく部分でもあるのです。特に求人情報の集め方には差が出てきます。自力だけではなく、何かのツールや、時には専門家やプロに委ねることもしてみましょう。

【参考記事】
求人情報媒体は必ず併用する
35歳と転職エージェント
転職サイトのスカウト機能を使う

履歴書や職務経歴書について

 転職活動の流れの中盤を担うのが履歴書・職務経歴書です。これも時には専門家やプロに委ねてもいいかもしれません。しかし、その基礎を作るのはあなた自身でなければ意味がない。書類作成で力尽きることなく、面接に繋げる意識を強く持ちながら取り組みましょう。

【参考記事】
35歳が履歴書で見られるポイント
35歳が職務経歴書で見られるポイント
応募書類を送る時の注意点

面接について

 多くの企業では、多くの転職希望者と面接をして、その中から「欲しい」と思う人材を見つけ出します。つまり、他の人との差別化に成功しなければ採用の道は開けないのです。常識ある、しかしその中には個性のある受け答えをすれば、差別化が図れるかもしれません。

【参考記事】
面接で語るべき志望動機
35歳がすべき逆質問
面接対策で採否が決まる!

退職・入社準備について

 退職がなければ入社もないわけですから、会社側には丁寧に説明をし、最後の最後までその会社の一員であるという高い意識を持って仕事に取り組むようにしてください。退職活動も給与が発生する仕事と認識すれば、円満退職を迎えることも難しくはないはずです。

【参考記事】
勤務先に退社の理由をどう伝えるか
退社に伴う手続き
35歳の途中入社の注意点

公開日:
最終更新日:2015/03/17